ディジタル署名と電子請求書

法律によると、企業はデジタルで税金を申告しなければなりません。したがって、企業は設立後、納税のためにデジタル署名を購入して使用しなければならず、また、デジタル社会保険やカスタムサービスの支払いも必要となります。

最初の税務申告が完了した後、企業は請求書を設計し、テンプレートを登録し、使用することを発表しなければなりません。現在、企業には電子請求書の使用が義務付けられています。

電子署名や電子請求書の購入と使用は非常に簡単で、費用もかかりません。しかし、企業はビジネスの必要性を理解し、適切に導入する必要があります。

Vinasc-Group-1
ディジタル署名

デジタル署名(トークン)とは、企業の情報を暗号化して、紙に書かれたインクの署名に代わって、文書や納税申告書などに署名するためのデジタルデバイスです。デジタル署名の使用が認められている支払いは、紙に書かれたインク・サインと同等の法的価値を持っています。

ベトナムの企業は通常、以下の支払いに電子署名を適用しています。

  • 税務申告書
  • 予算への税金の支払い
  • 保険料の申告・納付
  • カスタム手続きの実施
Vinasc-Group-1
電子請求書

電子請求書は、組織、営業担当者、独立したサービスの提供者などが設計した電子化データで記録された請求書です。電子請求書を設計・使用する企業は、以下のステップを踏む必要があります。

  • 電子請求書を使用するためのテンプレートを設計するとアナウンス。
  • 商品やサービスを販売する際、必要に応じて請求書を発行する。
  • 請求書の使用状況を四半期ごとに報告する。

企業は、ビジネス分野の特性に応じて、大規模または小規模な電子請求書パッケージを選択することができます。

Vinasc-Group-1
デジタル署名や電子請求書のパートナー

現在、市場にはデジタル署名や電子請求書のサービスやデバイスを提供するプロバイダーが数多く存在します。通常、プロバイダーを選択する前に、企業は以下の要素を考慮する必要があります。

  • 使用コスト
  • プロバイダのサービス品質
  • データ・ストレージ・システムの信頼性とプライバシー・ポリシー。

私どものサービスを選ぶ理由は?

  • 私どもは、プロの従業員のチームを持っています。
  • 現在、当社はベトナムの多くの代理店の小売店です。
  • 複数の言語でお客様とご相談できます。
  • 合理的な料金と保証された進捗状況

タイムリーな相談とサポートをご希望の方は、ご連絡ください。

よく有る質問

不明な問題まだありますか?

電子請求書は「XML」形式なので、利用者は電子請求書をUSB、ハードディスクドライブ、コンピュータ、クラウドなどの電子機器に保存することができます。

最近では、電子署名の使用は一般的になっています。しかし、何に使用するかは、ビジネス所有者と銀行やパートナーとの間で登録し、合意する必要があります。基本的にデジタル署名は、税関、税務、保険などの取引に使用されます。

電子請求書の使用および発行には、ディジタル署名が必要です。署名者を変更しても、電子請求書の発行には影響しません。

企業には最低でも1個のデジタル署名が必要です。ただし、企業の業務が輸出、輸入、またはそれに準ずる業務に関連している場合は、その業務が同時に発生するかどうかに応じて、2個以上のデジタル署名が必要となります。例えば、電子請求書の発行がよく行われていますか?税務の手続きはよくしますか?

需要に応じて、すべての組織、個人、企業がデジタル署名を登録し、購入することができます。

適正料金

Viettel、VNPT、Bkavなどの有名なプロバイダーと協力していることは高度なストレージと保護メカニズムを保証します。

処理速度

技術とサーバーシステムの最適化により、企業の処理速度の向上に貢献します。

タイムリーな支援

経験豊富なチームがお客様にタイムリーなサポートとコンサルティングをお約束します。

error: Content is protected !!