監査サービス

監査法No.67/2011の第37条第1項に基づき、ベトナムの監査法人または外国の監査法人の支店が年次財務諸表を監査しなければならない企業および組織は以下の通りです。

  1. 外資系企業;
  2. 信用機関法に基づいて設立・運営されている信用機関;
  3. 金融機関、保険会社、保険仲介会社;
  4. 上場企業・発行体・証券取引所;

Vinascは、外資系企業への監査サービスを専門に提供する組織として知られています。私どもの強みは、経験豊富で外国語に精通したプロの監査人チームがお客様にサービスを提供することです。それにも、外国企業がベトナムで活動する際の需要と要望を徹底的に理解しています。

Vinascの目標は、お客様が法律を遵守するのをお手伝いすることと、お客様に公平で客観的な経営ビジョンの評価を提供することです

Vinasc-Group-1
財務報告の監査

毎年、FDI企業は税務確定の根拠とするために、法律で定められた財務報告を監査する必要があります。これは義務であり、遵守しない場合、41/2018法令の第2項、第12条に基づき、企業は10,000,000 VNDから20,000,000 VNDの範囲で罰せられ、問題を解決するよう強制されます。

あさらに、FDI企業の監査済み財務報告書は、計画投資局、税務当局、事業証明書発行者など、政府に関わるほとんどの行政手続きで要求されます。

資本金の引き出し手続きや利益の海外送金についても、監査済みの財務報告書が税務署や銀行の義務書類とされています。

Vinasc-Group-1
税務上の監査

税務上の監査は、一般的な企業、特にFDI企業には必須ではありません。しかし、ベトナムのほとんどのFDI企業は、このサービスを非常に重視しています。

税務当局からの税務調査は、企業にとって常に関心事です。これは操業中の重要な問題であり、一方では差し迫った法的リスクやコンプライアンスリスクが発生し、他方では罰則や救済措置の面で財務リスクが発生します

このサービスでは、お客さまのリスクや改善策、今後の注意点などを顧問することがもっと効果になれるための監査を行います。監査の方法としては、評価に基づいてテンプレートを選択し、双方の合意を得た上で実施します。この方法は、当社の会計監査サービスのように、100%の書類の会計監査を保証するものではありません

Vinasc-Group-1
遵守監査

企業のコンプライアンス監査は、政府の法律で義務付けられているわけではありません。しかし、定期的にコンプライアンス監査を行うことで、企業は経営上のリスクを軽減し、特定することができます。

操業中、企業は人事、調達、販売、売掛金、生産などの各部門の業務手順を確立しなければなりませんが、各部門のコンプライアンスを確保することは経営者にとって困難です。そのため、企業は、コンプライアンスのすべての側面と既存のプロトコルの有効性をチェックし、評価するために、通常に監査人である第三者を協力して利用することが多いです。

コンプライアンス監査を通じて、企業はタイムリーな判断を下すことができ、また、ビジネスの実態に合わせてプロセスを調整するための基礎となります。

私どもの監査サービスを選ぶ理由は?

  • Vinascはコンプライアンスで公認された単位であり、政府から企業に監査サービスを提供する資格があると認定されています。
  • FDI企業への監査経験があり、多言語に対応したプロフェッショナルなチームを擁しています。
  • Vinascグループは、企業をサポートするための一連のサービスを提供しています。そのため、私どものサービスの成果は、常に企業のビジネスの全体像を導き出すことができます。
  • 私どものサービス料金は、サービスの質に比べて最も合理的だと考えられており、複数のパートナーから信頼を得ています。

お気軽にご相談ください。

よく有る質問:

他にも質問がありますか?

基本的に、財務報告は企業の職務に属し、企業が作成するものです。監査人は、自らの監査方法に基づいて財務報告書の情報を評価します。つまり、財務報告書上のすべてのデータは、単位企業の監査人によって計算、作成、申告、税務当局への説明が行われなければなりません。

ただし、企業と監査法人が契約書に記載されていない追加的な合意をしていても、それが合法的なものであれば、両当事者はそれぞれの権利と義務を要求し、履行しなければならないです。したがって、監査人は、契約で合意されていれば、その職務を遂行することができます。

監査を受けされべきFDI企業にとって、多くの企業は監査を必要な手続きとしか考えておらず、その価値を十分に評価していなかったり、各監査期間の情報交換を怠ったりしています。現実には、ほとんどの外国人投資家や企業経営者は、監査人と直接仕事をしたり、監査人から情報を受け取ったりすることはないです。そのため、コンサルティングメールや重要な議論の内容が、対象となる受信者に届かず、賢明な意思決定ができないことがあります。

このような現実から、企業が監査サービスを効果的に利用するためには、以下の事項に留意する必要があります。

  • 監査サービスと監査人の役割を正しく評価し、協力すること。
  • 意思決定者とのコミュニケーションに外国語を使用できる会社を選択すること。
  • 監査報告書とは別に、企業は監査人から送られてくるマネジメントメールを真剣に検討すべきであること。

この問題は、法律で規定されている監査方法に起因するもので、監査人は監査するテンプレートを選択し、その選択したテンプレートに基づいて監査人の意見を述べることができるとされています。

つまり、法律に基づけば、監査人は100%の請求書、記録、企業の経済活動をチェックする義務はありません。

しかし、税務当局からの査察や審査の際には、監査期間中に発生した請求書や記録、経済活動を100%確認することが標準的な監査方法となっています。

上記のリスクを最小化するために、企業はサービスを選択する際に以下の点を明確にする必要があると考えます。

  • 企業が税務リスクを軽減するためにチェックサービスを利用する場合、税務調査サービス(100%会計調査サービスに属する)を選択すべきである。
  • 企業が監査サービスを同時に利用する場合、監査人や監査部門が税務顧問の経験を十分に持っているかどうかを評価しなければなりません。

Vinascグループの通常の監査サービスでは、ベトナムの標準および会計モードが適用されます。しかし、お客様のご要望に応じて、IFRSへの変換という追加サービスも行っています。

企業は法律により、棚卸資産や財産を定期的または毎年記録することが求められています。では、棚卸しのプロセスにおいて、監査サービスはどのような役割を果たしているのでしょうか?

監査法によると、監査人および監査法人の職員は、意見を述べるための基礎として、企業の従業員が行う棚卸しのプロセスを観察するのみであるとされています。つまり、監査人は企業を代表して棚卸しを行う義務はありません。

情報保護

お客様の情報を守ることを保証します。

進度保証

お客様と約束した仕事進度を守ります。

適正料金

サービス料費は、顧客の需要とサービス品質に応じて合理的に設定されています。

error: Content is protected !!