法律顧問サービス

各国には独自の法制度があり、規制が必要な対象に影響を与えることもあります。ベトナムで活動する外国人投資家や外国企業も、そのような義務を免れることはできません。このことは、権利と義務の公平性を生み出す一方で、違反した場合には困難、さらにはリスクをもたらします。

したがって、コンプライアンスを確保し、リスクを軽減するために、外国人投資家や外国企業は、事業運営中に常に顧問サービスや法律顧問を参照します。

法律顧問サービスは、企業や投資家が、それぞれの活動に関する規制や手続きを理解するのに役立ちます。すべてのアイデアやビジネスソリューションは、長期的または短期的に関わらず、実行する前にすべて法的に評価される必要があります。

法律相談を受け、法律を十分に理解することで、企業はビジネスや契約交渉において自分の権利をよりよく活用することができます。

また、法律を適切に運用することで、違反行為をタイムリーに抑止し、ビジネス自体の本質的なリスクを防ぐことができます。

Vinasc-Group-1
法律の顧問と相談

ビジネスの分野や産業に関連する法律についての相談。

  • 税額控除政策、投資利益に関する情報の相談と評価
  • 法律に関連するビジネス案件の相談・対応
  • 労務・賃金・保険などに関する相談・対応
  • 外国人労働者(労働許可証、一時滞在許可証など)に関する相談・対応
  • 投資手続きに関する相談
  • 投資資金、投資実行、海外への利益送金に関する相談。
Vinasc-Group-1
新規制の顧問と更新サービス

あ企業の事業活動に影響を与える法律はいくつかあります。これらの規制は常に変化しており、企業はこれらの調整についての更新が間に合わなかったり、不十分であったりすることがあります。これは、企業にとって差し迫ったリスクにつながります。そのため、企業はこのような改革、特に自社の事業分野に直接影響を与える改革について、積極的にアップデートする必要があります。

  • 新政策の定期的な更新
  • 企業に直接影響を与える問題についての相談
  • 新しい規制に応じた企業の調整手続きの相談と実施
Vinasc-Group-1
公認法定代理人サービス

企業に法定代理人が1名しかいない場合、その人物はベトナムに居住し、ベトナムを離れる際に法定代理人の権利と義務を履行することを別の人物に書面で許可しなければなりません。

ただし、当社の代理人業務には、当社のCEOの役割などの業務遂行の責任は含まれません。権限には以下が含まれる:

  • 会社を代表して、国家機関に対する権利・義務を行使すること。
  • 法定代理人がベトナムに戻るのを待つ間、会社を維持し、従業員に対する義務を履行するために会社を代表すること。

VINASCの法律顧問サービスを選ぶ理由は?

  • Vinascグループは、ベトナムで活動する外国人投資家や外国企業に対する法律顧問の経験があります。
  • 政府の規制や外国企業の運営・管理の仕組みを熟知しています。
  • お客様のご要望にお応えするために、多言語での対応が可能です。
  • 合意された進捗状況を保証し、遵守します。
  • 合理的なサービス料金。

ご相談やサポートを受けるようにご連絡ください。

よく有る質問

他にも質問がありますか?

2020年の投資法第9条第2項に基づく(2021年1月1日より有効):

法律、国会の決議、国会常任委員会の条例・決議、政府の政令、ベトナムが加盟している国際条約に従い、政府は外国人投資家の市場参入を制限する業種・ビジネスラインのリストを発表する:

  • 市場参入が許可されていないビジネスライン
  • 条件付きで市場参入が可能な業種

刑法の改正に関する法律コード2017の第1条第46項の「a」ポイントに従い、脱税に対する罰則は:

  1. 脱税に対する行政処分を受けている者は、規定された第188,189, 190, 191, 192, 193, 194, 195, 196, 202, 250, 251, 253, 254, 304, 305, 306, 309 および 311 条に対する刑罰が終わりらずに再違反する着の場合、脱税額が1億ドンから3億ドン未満の場合、1億ドン未満の以下の脱税行為の場合、1 億ドンから 5 億ドンまでの罰金または 3 ヶ月から 12 ヶ月までの禁固刑に処されます。
  • 税務登録申請書の未提出、税務申告書の未提出、税務申告書の提出期限から90日経過後、または法律で定められた税務申告書の提出期限の延長後に税務申告書を提出すること。
  • 納税額の決定に関連する収入を会計帳簿に記録しないこと。
  • 商品・サービスを販売した後にインボイスを発行しない、またはインボイスに販売した商品・サービスの実際の価値よりも低い値を記入する。
  • 購入した物品や原材料を記録するために違法な請求書や証憑を使用し、その結果、支払うべき税金が減額されたり、免除・減額・控除・還付される税金が増えたりすること。
  • その他の違法文書を使用して、支払うべき税金の額を偽ったり、免除、減額、控除、還付の対象となる税金を増やしたりすること。
  • 本条第188条及び第189条に規定された場合を除き、通関後に追加の申告をせずに、輸出品又や輸入品の誤った申告をすること。
  • 第188条および第189条に規定された場合を除き、輸出品または輸入品に対する税金を申告せず、または正しく申告しないこと。
  • 第188条および第189条に規定された場合を除き、委託者と協力して物品を不法に輸入すること。
  • 税務当局に目的変更の届出をせずに、免税品、免税対象品、条件付免税品を不正な目的で使用すること。

法人の場合

本条に規定されている違反行為を行った法人企業が受ける処罰は:

  • 2 億ドンから 3 億ドン未満、または 1 億ドンから 2 億ドン未満の金額で、本条第 1 項に規定された脱税行為を行う場合、 脱税の行政処分を受けていたり、第 188 条、第 189 条、第 190 条、第 191 条、第 192 条、第 193 条、第 194 条、第 195 条、第 196 条のいずれかの犯罪の未決着の有罪判決を受けていたりする場合、3 億ドンから 10 億ドンまでの罰金に処せられること。
  • 本条第2項の「a」、「b」、「d」および「e」に規定された状況のいずれかでこの違反を犯した企業法人は、10億ドンから30億ドンまでの罰金に処されること。
  • 本条第3項のいずれかの状況で本違反を犯した法人は、30億ドンから100億ドンまでの罰金、または06ヶ月から36ヶ月間の業務停止処分を受けること。
  • 本条第79条に規定されている状況でこの違反行為を行った企業法人は、永久に営業停止とすること。
  • 違反した企業法人は、5,000 万ドンから 2 億ドンの罰金を科され、01 年から 03 年の間、特定の分野での営業や資本調達を禁止される可能性もあること。

2020年投資法第37条第1項に基づき、以下のいずれかのケースに属する企業は、投資登録証明書の発行手続きを行う必要がある:

  1. 外国人投資家の投資プロジェクト。
  2. 外国人投資家は、以下のいずれかのケースで事業体を設立する場合、事業体の資本拠出、株式購入、出資金購入による投資を行う場合、または事業協力契約に基づく投資を行う場合には、外国人投資家に適用される条件を満たし、投資手続きを行わなければならないこと。
  • 事業体がパートナーシップである場合、そのチャーターキャピタルの50%以上を外国人投資家が保有しているか、ジェネラルパートナーの過半数が外国人であること。
  • 本法第24条第1項第「a」号に記載されている事業体が50%以上の自己資本を保有している場合。
  • 外国人投資家と本法第24条第1項「a」号に記載されている事業体が50%以上の自己資本を保有している場合。

2020年投資法第37条第2項に基づき、これらのケースに属する企業は投資登録証明書を持つ必要がない:

  • 国内投資家の投資プロジェクト。
  • 投資登録証明書を必要としない事業体の投資プロジェクトは、国内投資家が事業体を設立する際、事業体の資本を拠出、株式を購入、出資金を購入して投資を行う際、または事業協力契約に基づいて投資を行う際に適用される条件を満たし、投資手続きに従わなければならない。
  • 事業体への資本拠出、株式または出資金の購入という形での投資。

土地法第5条および第169条に基づき、外国人はベトナムで土地を割り当てられたり、土地を借りたり、国に認められた土地使用権を持ったり、土地使用権を取得したりする対象者ではありません。これ以降、外国人はベトナムで土地使用権の譲渡(いわゆる土地の購入)を受けることができない。

住宅の購入(所有)に関する2014年住宅法第159条に基づき、ベトナムで住宅を所有する資格のある外国人は以下の通り:

  • 本法および対応する法律の規則に規定されている、ベトナムにおける住宅建設のプロジェクトベースに投資する外国企業。
  • ベトナムで活動する外国投資企業、支店、外国企業の駐在員事務所、外国投資ファンド、外国銀行の支店(以下、外国組織と呼ぶ)。
  • ベトナムへの入国を許可されている外国人個人。

また、この法律では、ベトナムに進出している外国組織は、以下の形式によってのみ住宅所有権を得ることができると言及している。

  • 本法および対応する法律の規則に規定されている、ベトナムにおけるプロジェクトベースの住宅建設への投資。
  • 政府の規則に規定されている国防・安全保障に関する管理下にある地域を除き、住宅建設プロジェクトにおけるアパートや別宅を含む商業用住宅の購入、賃貸、購入、受領、または相続。

今後、ベトナムでの住宅購入を希望する外国企業は、国防・安全保障に関わる管理区域を除き、商業用住宅建設プロジェクトにおいて、居住用住宅(アパート、セパレートハウスを含む)のみを購入することができます。

情報の機密性

私どものチームは常にお客様のプライバシーを尊重し、コンサルティング活動においてお客様の情報を保護することをお約束します。

コンプライアンス

法律やサービス契約を遵守することは、私どものコンサルティング活動の目標だけではなくて原則となることです。

タイムリーなサポート

コンプライアンスと品質管理を徹底しながら、タイムリーなサービスを提供することは、これからもVinascの運営方針です。

error: Content is protected !!