工場のコンサルティング、建築、リースサービス

あサービス、技術、商業の分野で活動する企業は、交通の便が良く、十分なサービスを提供する都市の中心部に本社を置くことを選択します。一方、製造業の企業は、在庫の運搬や保管に適した広い敷地の製造工場を必要とします。

加えて、環境問題、資源の優位性、安価な労働力、地元の福利厚生政策なども企業の関心事です。

特に、生産・製造業の中には、プロジェクトを開始するために現地の計画や許可に頼らなければならないものもあります。

そのため、企業は需要に見合った意思決定を行うために、情報や相談を絶対に必要とする。以下は、企業が関心を持つ可能性のある事柄である:

  • 地理的位置
  • 交通機関の整備
  • 経済計画、環境計画
  • 労働力
  • 地代、納税などのベネフィット政策
  • 工場設立のためのコンサルティング、設計、サポートを行う企業
Vinasc-Group-1
工場・倉庫コンサルティング

あ私どものコンサルテーションの目的は、企業の選択肢に最適な情報を提供することです。工場を借りるかどうか、本社をどこに置くかは、企業の長期的なビジネスに影響を与える極めて重要な判断です。以下の基本的な要素を考慮に入れてください。

  • 地理的位置
  • 地域計画所が事業内容を許可しているかどうか。
  • 地方自治体が何か特別な利益や支援策を持っているかどうか。
  • 現地の労働力を採用することにメリットがあるかどうか。
  • 地代、他の地域との賃貸価格の比較情報はどうですか。
  • 交通・技術インフラは充実していますか。
Vinasc-Group-1
工場の建築・建設

工場のコンサルティング、設計、建設を行う企業を選択することは非常に重要です。通常、工場の建設費は莫大な固定費であり、長期的には企業の事業活動に影響を与えます。私どもは、事業分野や生産チェーンの特性に応じて、生産能力を最適化し、構造的な技術水準を保証する方法でコンサルティングを行い、建設を開始します。

立地決定後、投資家と私たちは以下の重要な事項について議論します。

  • 投資費用
  • 資材、設備の規格
  • 建設および支払いの進捗状況
  • 環境基準
  • 防火・防災基準
Vinasc-Group-1
工場の斡旋・賃貸

企業は最初から投資して工場を建てる必要はありません。ベトナムの工業地帯には、既製の工場や倉庫を持つ企業のための様々なオプションがあり、面積、規模、構造が多様で、様々な生産・製造モデルがあります。

企業の要求に応じて、適切な情報とオプションを提供します。企業の要求は通常以下の通り:

  • エリア
  • 生産・製造する製品・分野
  • ご希望の地理的位置
  • 概算予算

当社のサービスを選ぶ理由は?

  • 企業の皆様に様々な選択肢を提供するサービスや情報をご用意しています。
  • 数年の経験を活かし、お客様にご満足いただけるコンサルティングを提供いたします。
  • ベトナムでの投資・運営に同行し、十分なコンサルティングを行います。
  • サービス料金は競争力があります。
  • 参考のために様々な工場モデルを成功裏に立ち上げました。

タイムリーなコンサルティングとサポートを得るために、ご連絡してください。

よく有る質問

不明な問題まだありますか?

第18条に基づき、2020年6月17日付の企業法No.59/2020/QH14による:
「第18条。登録前の契約
1. 企業の創設者は、企業登録の前およびプロセス中に、企業の設立および運営に役立つ契約に署名することができる。
2. 設立した企業の場合、本条第1項の締結済みの契約に基づく権利・義務を引き続き行使・履行するものとし、当事者は、契約に定めがある場合を除き、民法に基づき権利・義務を移転するものとする。
3. 企業登録証明書が交付されない場合、本条第1項に記載の契約を締結した者がその履行に責任を負う。企業の設立に参加した他の者も、これらの契約の履行に責任を負う。」
財務省の2013年12月31日付通達No.219/2013/TT-BTCの付加価値税に関する法律の第「12.b」条第14項及び付加価値税に関する法律の一部の条文に関するガイダンスを提供する2013年12月18日付政府令No.209/2013/ND-CPによる:
「12. 納税者が他の事業体に購入を許可し、その請求書に許可された購入者の名前が記載されている場合、以下のケースでは、その購入にかかる前段階のVATを控除することができます。
b) 会社が設立される前に、その発起人が他の事業体に対して、会社設立に関連する金額の支払いや物品の購入を書面で委任した場合、その会社は、委任された事業体の名前が記載された請求書に基づいて、前段階のVATを控除することができます。請求書の金額が2,000万ドン以上の場合は、銀行振り込みで支払う必要があります。」
財務省の2015年6月22日付通達第96/2015/TT-BTC号の第4条お呼び財務省の2014年6月18日付通達第78/2014/TT-BTC号の第6条の修正は以下のように記載します。
第6条。課税所得を計算する際の控除可能な費用と控除不可能な費用
1. 本条第2項に規定されている控除対象外費用を除き、以下の条件が全て満たされている場合、全ての費用は控除対象となる。
a) 実際に発生した費用が、企業の事業運営に関連していること。
b) 法律の規定に基づき、十分かつ有効な請求書と証明書がある。
c) 2,000万ドン以上(付加価値税を含む)の商品・サービスの購入に関する各請求書について、非現金での支払いを証明するものがある。
現金以外の支払いの証明は、VAT に関する法律の規定に従わなければなりません。
固定資産の管理・使用・減価償却に関する指針についての財務省の2013年4月25日付通達No.45/2013/TT-BTCの第3項による。
「3.企業の設立費用、スタッフのトレーニング費用、企業設立前に発生した広告費、研究段階の費用、移転、技術資料の所有と使用のための販売、特許、技術移転のライセンス、商標、ビジネス上の優位性など、無形固定資産ではないが、企業所得税に関する法律の規定に従い、最長で3年以内に企業の事業費として償却される。」
商品販売とサービス提供の請求書に関する2014/3/31付通達第39/2014/TT-BTC号の第16条を修正すると2015/2/27付通達第26/2015/TT-BTC号の第7条第3条に基づきます。
「7. 第 16 条を以下のように修正する。
a) 第16条の「b」第1条(通達第119/2014/TT-BTC号の第3条第5条で改正)は以下のように改正される。
b) 貿易促進、広告、サンプル、寄付、交換、給与として使用される商品やサービス(社内で流通している商品や生産を進めるために社内で使用されている商品を除く)を販売する場合、販売者は請求書を発行しなければならない。
請求書の情報は実際の取引と一致していなければならず、消去や変更はできません。使用するインクは褪せられないもので、色が統一されていなければならず、赤インクは使用できません。印刷されたテキストと数字には書き込まないこと。空白部分には線を引いてください。自分で印刷したインボイスやコンピュータで発行したオーダーインボイスでは、空欄を消す必要はありません。」
上記の規定によると、会社設立前に、会社の設立者がオフィスを借りている個人に権限を付与している場合、このオフィスの使用が会社設立に関連しており、必要十分なインボイス(インボイス、権限を付与された個人が署名した書類、2,000万ドン以上のインボイスは銀行を通して支払わなければならない)があれば、法人所得税を計算する際に損金として計上され、企業が営業を開始してから3年以内にその費用を事業費として計上することができます。

工場、余剰工場面積土地は不動産です。工場、工場建設土地の一部を賃貸は、不動産の賃貸です。
そこで、この物件が「取引が認められている不動産」「不動産取引が認められている企業の所有物」という条件を満たしていれば、普通に借りることができるようになります。
したがって、不動産を賃貸することは許可されており、2つの条件を満たす必要があります。
-第一に、不動産は2014年11月25日付不動産取引法第66/2014/QH13号の第9条に基づくビジネス条件を十分に満たしていなければならない。
-第二に、不動産の取引者の条件を満たす必要があります。
さらに、企業の工場賃貸契約書に再賃貸を拘束する条項があるかどうかを検討する必要があります。
特に、余剰面積のある賃貸人から工場を借りている外国人投資家は、そのような場所がプロジェクト実行に適しているかどうかを弁護士やライセンス当局に相談する必要があります。

土地リースの期限は、各当事者の需要とそれを満たす能力に基づいて、双方が合意します。しかし、以下のようなリースの期限を決定する要因があります。

  • 賃借人の長期的または短期的な使用状況および賃貸人の需要を満たす能力。
  • 既存の土地上での建設の寿命
  • 一般的な地域計画
  • 価格政策を交渉する際の期間制限オプションの違い

生産・製造企業がプロジェクトを立ち上げ、投資登録証明書を申請する際には、投資の期間について説明すべきます。これは、以下の理由から最も重要な内容です。

  • 合意された出資金の適用性と実施可能性の証拠となる。
  • これは、投資プロジェクトが付加価値税の還付を受ける権利に直接関係します。

現実には、多くの企業が税金の還付を受けることができず、その税金は数十億ドンにも達しています。理由は、企業は投資段階でしか税金の還付を受けられないからです。しかし、投資開始時の様々な要因により、投資が完了する前に既に収益を得ていたり、税還付の申請が遅れたりすることがあります。これらは、創業期の企業にとって大きなダメージとなります。

そのため、私どもはお客様からよく相談を受けます。特に、お客様の会計担当者は、この点を理解し、細心の注意を払って管理する必要があります。

工場を借りる際の基本的な権利です。

  • 政府の規制や工業地帯の活動に関する情報にアクセスできる。
  • セキュリティ、防火、保護の面での保証
  • 地域計画に適合した設計と運営の保証
  • 生活および生産活動のための水、電気と使用権の提供に関するの保証
  • その他、契約内容に応じて、個人の需要に応じたサービスを提供します。
最新情報

当社は、常にお客様のプライバシーを尊重し、コンサルティング活動においてお客様の情報を保護することをお約束します

市場価格

法律やサービス契約を遵守することは、私どものコンサルティング活動の目標だけでなくて原則です。

法令遵守

タイムリーなサービスの提供と品質の遵守・管理はVinascの一貫的な原則です。

error: Content is protected !!