価値鑑定サービス

価格に関する法律 の11/2012 号による:

  • 価格鑑定とは、民法に規定された価格鑑定の機能を有する機関、組織が、価格鑑定基準に基づき、ある時点、ある場所、ある目的のために市場価格に見合った種類の不動産の金銭価値を決定することです。
  • 価格査定結果報告書の意味は、価格査定事業者が作成する文書で、顧客や関係者が価格査定契約書に記載された目的のために根拠を持ち使用することができるように、価格査定の過程、価格査定結果、査定した不動産の価値に関する価格査定事業者の意見を明記したものです。
  • 価格査定証明書とは、価格査定事業者が、価格査定結果報告書の基本的な内容を顧客および関係者に通知するために作成する文書です。

価格法11/2012号の第30条に基づき、資産の価格鑑定のプロセスは以下の通りである:

  • 価格評価の対象となる資産を定義し、価格評価のベースとなる市場価格または非市場価格を定義する。
  • 価格鑑定の計画を立てる。
  • 現実を調査し、情報を収集する。
  • 情報を分析する。
  • 価格評価される資産の価値を定義する。
  • 価格鑑定の結果を報告し、価格鑑定書を作成し、顧客や関係者に送付する。

価格鑑定の対象となる資産とは、価格鑑定の需要がある組織や個人の資産で、次のいずれかに属するもの:

Vinasc-Group-1
不動産の価格鑑定

不動産には

  • 土地
  • 住宅
  • 建築
  • インフラ

不動産の価格評価の目的

  • 不動産の譲渡・売却
  • 銀行ローン
  • 税務計算、会計の基礎
  • 財政能力の根拠となるもの
  • 投資、事業資金の拠出
Vinasc-Group-1
設備・物件・在庫の価格査定

鑑定された物件は以下の通りです。

  • 機械、設備、機械と設備のチェーン
  • インベントリー、原材料、資材
  • 交通機関

価格鑑定の目的

  • 販売と譲渡
  • 銀行ローンの担保となるもの
  • 投資用資産、出資用資産
  • 会計・税金計算
  • 商取引における財務能力の証明
Vinasc-Group-1
ビジネスのための価格査定

ビジネス鑑定の対象となるのは:

  • 開会社
  • 限責任会社
  • 間企業

企業評価の目的

  • 企業の株式
  • 株式発行
  • ジョイントベンチャーと協力
  • 事業譲渡
  • 銀行での担保・有価証券

VINASCグループの価値鑑定サービスを選ぶ理由は?

  • 私どもは、価値鑑定サービスを提供する資格があると認定された、コンプライアンスに準拠した企業です。
  • 当社は、信頼できる経験豊富な専門家のチームを有しています。
  • 当社の評価サービスの対象となる顧客は多岐にわたります。
  • 我々の作業プロセスは論理的であり、進度を保証されます。
  • 十分な情報と鑑定の基礎があり、適当なサービス料金を提供します。

よく有る質問

他にも質問がありますか?

価格鑑定サービスの料金は、法冷89/2013/NĐ-CPの第11条第1項で規定されており、法令12/2021/NĐ-CP第1条第4項で修正・補足されており、以下のようになっています。

価格鑑定サービスの料金は、実際の合理的な生産コストと事業コストを相殺し、市場価格に見合った利益を得ることを原則として、本条第2項および第3項に基づく価格鑑定企業と顧客との契約に基づいて設定され、価格鑑定契約書に明記されるものとします。価格鑑定サービスの入札が入札法に準拠する場合は、入札法の規定に従うものとします。

価格鑑定サービスの料金を決定する根拠は以下の通りである。

a) 価格鑑定を行う業務の内容、量、性質および時間。

b) サービスの品質に対応する実際の合理的な事業費、給与、情報の調査・収集・分析・処理の過程で発生する費用、金融費用、販売費用、企業管理のための費用、その全てを法律で定められた費用。

c) 職業上の賠償責任保険に加入するための費用、または職業上のリスク準備基金の設立のための費用。

d) 価格鑑定サービスの価格が市場の同種の価格鑑定サービスの水準に見合ったものであることを保証するための暫定的な利益(もしあれば)。

e) 法律で定められた財務上の義務

法律によると、価格鑑定企業は、価格法第6条第4項、第5条第12項に規定されている価格鑑定サービスの価格表を、一括サービスの価格水準、鑑定が必要な資産価値またはプロジェクト価値に対する価格の割合(%)、その他法律の規定に基づいて企業が決定した形式で公布し、実施することができるとされています。

2014年2月21日より、すべての無形資産の鑑定事例は、鑑定基準第13号(TĐGVN 13)に記載されている規則に準拠しなければなりません。

この基準によると、無形資産の鑑定には、マーケット・アプローチ、コスト・アプローチ、インカム・アプローチの3つのアプローチがあります。

それぞれのアプローチでは、異なる鑑定方法を採用しています。

また、経済的残存期間の見積りを考慮しなければならず、この要素はすべての鑑定アプローチに適用されます。

どのような方法を選択して実施すべきかは、様々な要因によって異なりますが、通達06/2014/TT-BTCで具体的に指示されています。

財務省が公布した通達28/2021/TT-BTC(2021年4月27日付)では、事業鑑定のアプローチと方法が規定されています。

それによると、事業鑑定のアプローチには、マーケット・アプローチ、コスト・アプローチ、インカム・アプローチがあります。

鑑定の対象となる企業は、企業を鑑定するためのプロファイル、提供された文書、自己収集した情報に基づいて、鑑定のアプローチと方法を選択する必要があります。

マーケット・アプローチでは、対象企業の主要な事業内容、取引先や消費市場、財務比率や取引価格などの観点から、対象企業と類似または同一の企業を評価して事業価値を決定します。マーケット・アプローチでは、平均比率法と取引価格法を用いて事業価値を算定されます。

コスト・アプローチでは、事業資産の価値を通じて事業価値を算定されます。コスト・アプローチにおける適用する方法とは資産方法と呼ばれています。

インカム・アプローチでは、将来得られる純保険料収入のフローを現在価値に換算して事業価値を算出します。インカム・アプローチでは、会社に対するフリー・キャッシュ・フロー(FCFF)、配当割引モデル(DDM)、株主資本に対するフリー・キャッシュ・フロー(FCFE)などの手法が用いられます。

インカム・アプローチで事業を評価する場合、評価時点での営業資産の割引キャッシュフローの価値に、評価時点での営業外資産の価値を含める必要があります。配当割引については、営業外資産である現金および現金同等物は含まれないものとします。

一部の営業資産のキャッシュフローが正確に予測できない場合、鑑定士はこれらの営業資産のキャッシュフローを予測せず、これらの営業資産の価値を別途決定して事業価値に加えることができます。また、割引配当については、現金および現金同等物である営業外資産は含まれません。

鑑定結果と有効期間に関する法律第32条第3項に基づき、鑑定証明書の有効期間を以下のように定めています。

“3. 価格査定結果は、価格査定結果報告書および価格査定証明書に記載された有効期間内でのみ使用できる。”
財務省が2015年3月6日付で通達28/2015/TT-BTCとともに公布した評価基準(記号:TĐGVN 05)の第7節第2項に基づき、鑑定証明書の有効期間が以下のように規定されています。

“鑑定結果の有効期間は、鑑定対象となる資産の法的・経済的・技術的特性、当該資産および評価目的に関する法律や市場の変更に基づいて決定されますが、鑑定証明書の有効期間が開始された日から6ヶ月を超えることはありません。”

情報保護

お客様の情報を守ることを保証します。

処理速度

技術とサーバーシステムの最適化により、企業の処理速度の向上に貢献します。

タイムリーな支援

経験豊富なチームがお客様にタイムリーなサポートとコンサルティングをお約束します。

error: Content is protected !!