会計サービス

会計に関する法律第88/2015号第49条に基づいて:

  1. すべての会計単位は、会計装置を組織し、会計士を任命し、または外部の会計サービスを購入しなければならないです。
  2. 会計装置の組織、会計、首席会計士、会計実務者の任命、または会計サービスや首席会計士のサービスの購入は、政府の規制に従わなければならないです。

会計法律No.88/2015の第26条に基づいて、企業は、会計帳簿を開き、帳簿の内容に応じて、明確に、完全に、かつ適時に記録しなければならないです。

会計法律No.88/2015の第29条 に基づいて、会計単位は年次会計期間の終了時に財務報告を発行して、会計単位の年次財務諸表を法律で定められた年次会計期間の終了時から90日以内に管轄当局に提出しなければならないです。

その上、企業は、会計・簿記、請求書、記録、会計帳簿の保管などに関する規則を遵守しなければならないです。

そのため、企業は、法律を遵守し、法的リスクや財務リスクを軽減し、企業経営の目的を果たすことができるように、会計および会計サービスの役割とタスクを正しく評価する必要があります。

ベトナムで活動する外国企業にとって、会計サービスを採用することは、企業の会計業務を遂行するための独立したコンサルティング第三者の役割を果たすことになります。

Vinasc-Group-1
チーフアカウンティングサービス

チーフアカウンタントは、単位組織の会計部門の責任者であり、単位組織の会計手続きを整理し、実施する責任がある人物です。

会計ユニットは、法律に基づいて、会計サービスまたはチーフアカウンタントサービスを雇用するために、会計会社または会計家と契約することができます。

チーフアカウンタントの主な責任は以下の通りである:

  • 単位組織における会計部門の組織化と維持
  • 会計部門の採用、教育、運営
  • 法律で定められた会計活動の検査、審査、報告を行い、経営活動をサポートする
  • 経営管理を目的とした取締役会への相談、支援、タイムリーな情報提供。
Vinasc-Group-1
簿記サービス

会計ユニットは、財務省が規定した会計帳簿システムに基づいて、ユニット組織で適用可能な会計帳簿システムを選択しなければならないです。

各会計ユニットは、年間の会計期間に1つの会計システムのみを使用します。

会計帳簿は、会計単位に関連して発生するすべての経済・財務活動を記録、整理、保管するために使用されます。

そのため、企業は会計部門を組織し、発生した業務の内容と時系列に基づいて、会計帳簿を適切に記録しなければならないです。

会計単位は、財務報告書を作成する前に、会計期間の終わりに会計帳簿を閉じなければならず、その他の法律で定められたケースもあります。

会計数値を適切に記録し、正確に計算することで、税務申告や納税義務のベースとなります。

Vinasc-Group-1
会計審査サービス

会計審査とは、会計帳簿や財務報告書のチェック、検査、会計数値の計算などを行い、間違いや誤報を発見することです。

多くの企業にとって、会計審査の目的は、税務調査や単位組織での調査が行われた場合に備えて、積極的に対応することにあります。

審査や審査サービスの採用は義務ではありませんが、常に企業から大きな注目を集めています。その理由は以下の通りです。

  • 審査の方法は、税務当局の調査方法と100%同期している必要がある。
  • 審査は、企業が検査を受ける前にタイムリーに書類を補充し、完成させるのに役立つ。
  • 現在の差し迫ったリスクを評価し、将来の予測を行う。

VINASCの会計サービスを選ぶ理由は?

  • Vinascは外資系企業の会計顧問に精通した単位。
  • 会計リスクへの対応や会計検査機関との連携に精通しています。
  • 企業の総合的な価値を創造する複数のサービスを提供しています。
  • お客様にとって効果的かつタイムリーなサービスを提供します。
  • サービス料金は、業務内容やサービスの質に応じて適当な値段を設定しています。

あなたの会計要件のために相談し、時間通りにサポートを受けるために、私どもにご連絡してください。

よく有る質問

他にも質問がありますか?

会計および独立監査の分野における行政違反に対する罰則は、2018年3月12日付の政令41/2018/NĐ-CPで規定されています。

今後は、違反に対する罰則に加えて、企業は結果を解決し、行政違反によって得られた違法な利益を返還する必要があります。

本政令の第6条に基づく:

  • この政令で規定されている個人の行政違反に対する罰金の最高額は5,000万ドン、組織の行政違反に対する罰金の最高額は1億ドンです。
  • 同一の違反行為に対して組織に課される罰金の最高額は、個人に課される罰金の最高額の2倍です。

これらの罰則は会計に対して適用されるものであり、税務違反に対する罰則は含まれていないことを強調しておきます。

会計に関する法律88/2015号の第10項、第13条に基づき、会計における禁止行為は以下の通りです。

-2つ以上の会計帳簿システムを設置すること、または同一会計期間に矛盾したデータを含む財務諸表を提供、公表すること。

会計に関する法律第25条第2項に基づきます。各会計ユニットは、年間の会計期間に1つの会計帳簿システムのみを使用しなければならない。

政令41/2018の第9条第4項に従い、会計情報を省略する行為に対して、会計および独立監査における違反に対する行政罰は2,000万~3,000万ドンです。この罰則には、刑事犯罪につながる不正行為、脱税、業務上の反則は含まれていません。

上記の規定から、企業は複数の会計帳簿システムを作成することはできません。

この問題は、両当事者の要求に基づく合意によります。法律によると、企業は税務申告の前に財務報告書を作成するだけでよいとされています(特殊な企業や証券取引所に上場している企業は除く)。

今後は、月次、四半期、または特定期間の財務報告書の作成を企業が決定します。これにより、タスクの範囲やサービス料金に影響が出てきます。

企業が効果的な経理部門を運営するためには、次のような事項を考慮する必要があります。

  • 任務を遂行するために必要な人材の確保。
  • 従業員は職務要件を満たす資格が必要であり、知識基準と定期的なチェックが必要である。
  • また、コンプライアンスや品質管理を担当する人材も必要である。

当社は、外国人投資家や外国企業へのサービス提供を専門とする企業であるため、当社の会計帳簿システムや報告書はすべてバイリンガルです。投資家は、ベトナム語(必須)と他の言語(英語、日本語、韓国語、中国語(簡体字と繁体字))のいずれかを選択できます。

情報の機密性

私どものチームは常にお客様のプライバシーを尊重し、コンサルティング活動においてお客様の情報を保護することをお約束します

コンプライアンス

法律やサービス契約を遵守することは、私どものコンサルティング活動の目標だけではなくて原則となることです

タイムリーなサポート

コンプライアンスと品質管理を徹底しながら、タイムリーなサービスを提供することは、これからもVinascの運営方針です。

error: Content is protected !!